2018年06月07日

アジアのプラスチックごみ問題、広がる海洋汚染危機【AFPBB News2018年6月7日】

【6月7日 AFP】ベトナムのマングローブはポリ袋をまとい、タイの海ではプラスチック製の袋をのみ込んだクジラが死に、インドネシアの「楽園」の島々の海中はごみであふれている。プラスチック汚染のゾッとするような光景がアジアに広がっている。

 毎年、世界の海洋に約800万トンのプラスチックごみが流れ込んでいる。これは、毎日毎秒ごみ収集車1台分のプラスチックが捨てられているのに等しい。海洋保護団体オーシャン・コンサーバンシー(Ocean Conservancy)の2015年の報告書によると、ごみの半数以上はアジアの5か国――中国、インドネシア、フィリピン、タイ、ベトナムから排出されているという。

 これらの国々は世界最大のプラスチック生産国、消費国、廃棄国だ。アジアの中で経済が急速に発展している国々でもあるが、廃棄物が適切に処理されていない国がほとんどで、処理されていたとしても不完全だ。

 5日の世界環境デー(World Environment Day)は、「再利用できないなら使わない」のスローガンのもと、危機的な状況にあるプラスチック汚染に焦点を当てた。

 だが、美観的な問題だけではない。プラスチックは海洋生物を殺している。

 タイ南部で先週、死んだクジラの胃からプラスチック製の袋80枚が見つかった。プラスチック製品を食べて死んだ海鳥やカメが浜に打ち上げられる光景は、見慣れたものとなりつつある。

■見えない脅威

 専門家は、最大の脅威は目に見えていないと警告する。

 マイクロプラスチックは、大きなプラスチックが壊れて細かくなった微小のプラスチックのかけらで、有害物質を吸収しやすい。このマイクロプラスチックが水道水、地下水、アジアの何百万もの人々が毎日食べる魚の体内から発見されている。

 科学者は、マイクロプラスチックの摂取が健康にどのような影響を与えるのか、まだ完全には把握していない。「どこへ向かっているのか全くわからない実験を、全世界で行っている」と、国際自然保護連合(IUCN)の世界海洋・極地プログラム部門の責任者カール・グスタフ・ルンディン(Carl Gustaf Lundin)氏はAFPに語った。

■政治的意思が必要

 ベトナムの地方では、他のアジアの国々と同じようにごみ収集があまりされていない。システミク(SYSTEMIQ)の海洋プラスチック・アジア地域部門の責任者ジョイ・ダニエルソン(Joi Danielson)氏によると、これが大量のプラスチックが海に流入する数ある原因の一つだという。

 最大のプラスチック排出5か国では、ごみ全体のうち適切に収集されているのは平均で約40%に過ぎない。

 オーシャン・コンサーバンシーによると、現在の排出量が続けば世界の海洋のプラスチックごみの量は、2025年までに2億5000万トンに倍増する見通しだ。

 プラスチックごみの問題はアジア各地を脅かしているが、これは解決策がある危機だと専門家は指摘する。

 ソーシャルメディアを使ったプラスチックの利用禁止を求めるキャンペーン活動や、英国人ダイバーのリッチ・ホーナー(Rich Horner)氏がインドネシアのバリ(Bali)島沖をごみに囲まれて泳ぐ動画などは、一般の人々の関心を高めるきっかけとなった。

 ごみ収集制度を改善し、プラスチックの消費を削減することが、次の重要なステップだ。オーシャン・コンサーバンシーは、新たなプラスチック素材とプロダクトデザインの開発、廃棄物からのエネルギー回収と廃棄物の燃料化制度へのさらなる投資も呼び掛けている。

 ルンディン氏は、現時点で最も障害となっているのはおそらく政治的意思だという。

「これはロケット工学のようなものではない。政治家がすべきことを決断すれば、直せないところはない」と指摘した。
http://www.afpbb.com/articles/-/3177545
http://www.afpbb.com/articles/-/3177545?page=2

http://archive.is/SoPAM
http://archive.is/6f9N9

微小プラ抑制、法案提出へ 生態系への影響懸念 与野党議員【朝日新聞デジタル2018年6月6日】
プラスチック海洋汚染、オキアミが奥の手となるか 豪研究【AFPBB News2018年3月13日】
海の微生物が分解するプラスチック カネカが開発【朝日新聞デジタル2017年11月15日】
(科学の扉)微小プラごみ、海汚染 魚・鳥の体内に…化学物質の影響、未解明【朝日新聞デジタル2017年10月22日】
くらしナビ・ライフスタイル 海汚す微細プラスチック【毎日新聞2017年6月3日】
「世界で最もプラスティックゴミの密度が高い場所」は、世界遺産の無人島だった:調査結果【産経ニュース2017年5月29日】
米科学誌サイエンス、論文の撤回を発表【朝日新聞デジタル2017年5月5日】
<社説>微細プラスチック 海を守る多角的な対策を【琉球新報2017年3月23日】
健康被害の可能性も?マイクロプラスチック問題とは【ダイヤモンド・オンライン2017年1月21日】
プラスチック海洋汚染 最果て南極も 九大など初検出【毎日新聞2016年9月26日】
社説 海洋ごみ汚染 国際連携で拡散を防止したい【読売新聞2016年8月26日】
微細プラスチック、魚から 吸着の汚染、体内蓄積 海洋生態系に脅威【朝日新聞デジタル2016年6月23日】
琵琶湖で直径5ミリ以下微細プラスチック見つかる 京大調査【産経ニュース2016年3月18日】
(教えて)海を漂流するごみが問題になっているの?【朝日新聞デジタル2015年10月5日】
海鳥の90%がプラスチックを誤飲、最新研究で判明 増える一方の海洋ごみが、鳥たちの命を脅かす【ナショナルジオグラフィック日本版2015年9月7日】
海洋漂流ごみ、大半がプラ 横浜寄港のスイス環境団体【共同通信2015年7月28日】
プラスチック破片:南極海で調査 九州大など、世界初の実施へ【毎日新聞2015年7月17日】
過去60年間で世界の海鳥が7割も減少していた?海洋生態系へ影響に懸念の声が広がる【IRORIO2015年7月14日】
微小プラ汚染、外洋まで 環境省、日本周辺で調査 生態系への影響を懸念【朝日新聞デジタル2015年4月24日】
プラスチックごみ27万トン浮遊 世界の海、粒子5兆個【共同通信2014年12月11日】

posted by BNJ at 22:24 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: