2018年06月08日

動物の目線 映像で体験できます 川口で企画展開催【産経ニュース2018年6月8日】(ペンギン)

バイオロギングに焦点を当てた企画展「どうぶつは、なにをみてるの?」が開かれている(SKIPシティ映像ミュージアム提供)

 SKIPシティ映像ミュージアム(川口市上青木)で企画展「どうぶつは、なにをみてるの?2018」が開かれている。小型のビデオカメラなどを動物に取り付け、その行動や生態を調べる「バイオロギング」という研究手法で得た、いわば「動物目線」の映像を紹介している。

 映像はクジラやイルカなどが中心。猛スピードで獲物を追いかけるペンギンは迫力満点。ミュージアムの担当者は「貴重な映像ばかりで、子供たちの自由研究にピッタリ。ぜひ足を運んでほしい」と話す。企画展は9月2日まで。開館時間は午前9時半〜午後5時、月曜休館。入場料大人510円、小中学生は250円。
https://www.sankei.com/region/news/180608/rgn1806080007-n1.html

http://archive.is/Y9CGA

posted by BNJ at 10:57 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: