2018年06月12日

釣果上がる?“神の使い”が船内に巣作り 淡路【神戸新聞NEXT2018年6月12日】

操舵室に陣取ったセキレイの巣(右奥)。川上さんは「釣りがしたいので、早く巣立ちを」とメッセージ=江井港

口を開けて餌をねだる4羽のひな=江井港

餌をくわえ、船の周りで様子をうかがうセキレイの親鳥=江井港

 江井港(兵庫県淡路市江井)に係留中の船の操舵室に“神の使い”と呼ばれる鳥セキレイが巣を作り、地元の釣り好きの間で話題となっている。(内田世紀)

 近くの川上昌平さん(73)が所有する長さ約6メートルのプレジャーボート。5月下旬、操船中に巣に気付いたという。「驚いたけど、中に卵が見えたので様子を見ることにした」

 その後、友人と釣りに出た際に1羽のひなを確認。「親鳥が餌を与えられなくてはかわいそう」と、以後は出港を見合わせた。現在は4羽のひながかえり、人が近づくと大きな口を開けて餌をねだる。

 セキレイは、古事記や日本書紀の「国生み」に登場する鳥。イザナギ、イザナミに子づくりを指導したとされ、地元の伊弉諾神宮にも縁がある。人の暮らしの近くに巣を作ることで知られるが、釣り仲間らは「船の中は聞いたことがない」と話しているという。

 川上さんは「タイやアジの季節だが仕方がない。神様の力で釣果が上がればうれしいけど」と笑う。
https://www.kobe-np.co.jp/news/awaji/201806/0011344232.shtml

http://archive.is/zBvQU

posted by BNJ at 09:35 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: