2018年06月13日

タウンたうん 北海道で出会った野鳥展 鳥栖 /佐賀【毎日新聞2018年6月13日】

 鳥栖市原町の徳渕義実さんの写真展「北海道へ出会い旅」が、同市柚比町のギャラリー花やしきで開かれている。北海道でとらえた野鳥と、広大な風景を撮影したカラー写真約20点。30日まで。

 元会社員。2016年5月、鳥栖を車で出発し、フェリーも利用して往復に約1カ月をかけた。カモ科の水鳥カワアイサのひなの巣立ちを1週間かけて追い、ようやくひなを背負って池を泳ぐ親鳥の姿をカメラに収めた。このほか、カッコウや白鳥、オジロワシなど。帰りに寄った新潟では雲海に包まれた棚田を2泊要して撮影した。

 カメラ歴は約35年。「鳥の斜め後ろから、振り返った瞬間を撮るのが好きです」と話している。【満島史朗】
https://mainichi.jp/articles/20180613/ddl/k41/040/266000c

http://archive.is/kp5Qs

posted by BNJ at 20:33 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: