2018年06月23日

オリジナル婚姻届 梅とメジロ 田辺市が作成 Q&A冊子も /和歌山【毎日新聞2018年6月23日】

和歌山県田辺市が作った(右から)オリジナル婚姻届、婚姻手続き早わかりBOOK、オリジナル婚姻届記念証=同市役所で、藤田宰司撮影
 田辺市は、市の花「梅」と市の鳥「メジロ」を描いた「オリジナル婚姻届」を作った。メジロのつがいが仲良く寄り添い、満開の梅の枝にとまっているデザイン。窓口で希望者に手渡し、届け出に使ってもらう。

 結婚の届け出を人生の特別な思い出としてもらい、新生活のスタートを応援しようと、市民課が企画した。用紙(A3判)の上下に梅の花の絵を帯状に配し、右下にメジロと梅を描き、1000部印刷した。

 これに合わせて、婚姻届の書き方や結婚時に必要な各種手続きの解説、妊娠や出産についてのQ&Aなどを掲載した冊子「婚姻手続き早わかりBOOK」(A4判10ページ、1000部)と、婚姻届提出時に希望者に渡す「オリジナル婚姻届記念証」(A5判)も作成した。

 いずれも市民課や各行政局住民福祉課、宿直室で配布している。【藤田宰司】
https://mainichi.jp/articles/20180623/ddl/k30/100/350000c

田辺市がオリジナル婚姻届 梅とメジロあしらい限定千部【AGARA紀伊民報2018年6月15日】
 和歌山県田辺市は、市の花である「梅」や市の鳥「メジロ」の絵柄をあしらったオリジナル婚姻届を作成した。婚姻届の書き方などをまとめた冊子「婚姻手続き早わかりBOOK」とセットにし、18日から限定千部で配布する。

 婚姻届の提出を人生の特別な思い出にしてもらおうと企画した。ピンク色を基調に、紅梅の梅の花や、梅の木で仲良く肩を寄せるメジロのつがいをデザインしている。

 婚姻手続き早わかりBOOKはA4判、10ページ。平安衣装で熊野古道に立つ男女の姿を表紙に、婚姻届の書き方や手続きのチェックリスト、よくある質問と答えを掲載している。

 いずれも市役所市民課や各行政局住民福祉課、宿直室(休日と夜間)で配布する。なくなり次第終了。

 また、婚姻届は提出すると手元に残らないため、市民課や各行政局住民福祉課で届け出をした際、希望者には夫婦の名前や日付などを記入することができるオリジナルの婚姻届記念証を贈る。記念証は、従来の婚姻届の場合でも可能。

写真【和歌山県田辺市が作成したオリジナルの婚姻届】
http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=353576

http://archive.is/f6SSj
http://archive.is/efQgV

posted by BNJ at 23:15 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: