2018年06月22日

信州・野生の横顔 コルリ 森に美声響く、青い鳥 /長野【毎日新聞2018年6月22日】

 <信州・野生の横顔(プロフィル)>

 長野市の戸隠高原にある森林植物園の周辺は5月から6月、多くのバードウオッチャーでにぎわう。新緑のこの時期は野鳥たちが繁殖シーズンを迎え、南方から夏鳥も渡ってきて活動が活発になるからだ。

 森の遊歩道を歩いていると、近くでさえずりが聞こえた。「チッチッチッ」という前奏の後、甲高い声で「チョイ、ピリリリー」などと鳴く。木々の間の枝に止まる姿を見つけた。コルリの雄だ。くちばしを上に向けてさえずっている。写真を撮ろうと近づいたら、移動してしまった。

 夏鳥のコルリは体長14センチほど。雄は頭から背中にかけて濃い青色で、のどから腹は白い。オオルリやルリビタキと共に「青い鳥」として野鳥ファンに人気がある。だが、ササやぶなどに潜むことが多く、声はすれども姿が見づらい鳥でもある。写真は目立つ枝先に出てきた時に撮影したが、鳴いてはくれなかった。

 森に美声を響かせる青い鳥。その歌声は人の耳にも心地よい。雌と出合ってつがいとなれば、次世代を産み育てる日々が始まるだろう。【武田博仁】
https://mainichi.jp/articles/20180622/ddl/k20/070/189000c

http://archive.is/aN3uY

信州・野生の横顔 コマドリ 可愛らしい姿に美声 /長野【毎日新聞2018年5月30日】
信州・野生の横顔 メジロ 白い縁取り目の軽業師 /長野【毎日新聞2018年4月18日】
信州・野生の横顔 アカゲラ 厳冬の森、木たたく音響く /長野【毎日新聞2018年1月19日】
信州・野生の横顔 ライチョウ 羽を震わせ砂浴び /長野【毎日新聞2017年7月28日】
信州・野生の横顔 アトリ にぎやかに群れ飛ぶ /長野【毎日新聞2017年2月4日】
信州・野生の横顔 オオルリ 激しい雄の縄張り争い /長野【毎日新聞2016年5月13日】
信州・野生の横顔:ホシガラス 羽毛が可愛らしく /長野【毎日新聞2015年7月11日】
信州・野生の横顔:コサメビタキ 新緑の森で子育て /長野【毎日新聞2015年6月7日】
信州・野生の横顔 ノスリ 急降下して小鳥襲う /長野【毎日新聞2015年5月20日】

posted by BNJ at 22:45 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: