2018年06月22日

ヨチヨチなのに脚たくましい〜 フラミンゴのベビーラッシュ【神戸新聞NEXT2018年6月22日】

愛らしい姿を見せるフラミンゴのひな=神戸市灘区、市立王子動物園
 神戸市灘区の市立王子動物園で、フラミンゴのひなが次々と誕生している。今年は現在までに5羽が生まれ、親鳥と触れ合う愛らしい姿を見せている。

 同園ではヨーロッパフラミンゴとベニイロフラミンゴの2種約200羽を飼育している。毎年4〜7月に繁殖期を迎え、今年で36年連続でひなの誕生に成功した。

 最近では6月12日に2羽が誕生した。体長15〜20センチで、親鳥の羽の間から顔を出したり、小さな羽をばたばたさせて立ち上がったりと元気いっぱいの様子。周囲では4、5月に生まれ、黒っぽい羽毛をまとう3羽が歩く姿も見られる。

 同園によると、巣には現在も卵が数個あり、ベビーラッシュは7月末ごろまで続く見通しという。(大森 武)
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201806/0011376839.shtml

http://archive.is/NowUD

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: