2018年06月23日

「また来てね!」沢池幼稚園の子ツバメが巣立ち【神戸新聞NEXT2018年6月23日】

声援を送る園児

すくすく育つ3羽のひな

 天敵からヒナを守るため、人の近くに巣を作るツバメさん。兵庫県明石市明南町3の沢池幼稚園では玄関の軒下にやって来た。園児や先生たちは、日に日に大きくなるヒナを楽しみに見守っていたが、とうとう別れのときがきた。

 園の玄関では2年前にも巣作りをしており、そのときから残っていた巣に新しいツバメがすみ、3羽のヒナが育った。

 園児らは興味津々。毎日、巣を観察した。

 だが、そのときは来てしまった。22日、親鳥が巣の回りを飛び回り、4、5回さえずると、ヒナたちは一斉に飛び立った。

 異変に気付いた園児らは「あれ? おらん」「朝はおったのに!」と大騒ぎ。

 先生が近くを探すと、電線やサクラの木の周りを飛び回るヒナが。

 「飛ぶ練習をしているんだよ」と教えると、園児らはたちまち集まって声援を送った。

 「頑張れ! 頑張れ! また戻ってきてね」(勝浦美香)
https://www.kobe-np.co.jp/news/akashi/201806/0011378120.shtml

http://archive.is/HBCo1

タグ:ツバメ
posted by BNJ at 11:37 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: