2018年06月24日

鳥類施設に恐竜現る 酒田・特別企画展、全身骨格や化石紹介【山形新聞2018年6月23日】

入り口ではティラノサウルスに近い種の「タルボサウルス」の全身骨格が出迎える=酒田市・鳥海イヌワシみらい館
 酒田市の鳥海イヌワシみらい館で特別企画展示「鳥類施設 無謀にも恐竜を飾る」が開かれている。かつてアジアに生息し、ティラノサウルスと似た特徴を持つ「タルボサウルス」の全身骨格やユーモアあふれる説明文で、恐竜と鳥の類縁関係を紹介している。

 環境省、県、市で組織する猛禽(もうきん)類保護センター活用協議会(会長・丸山至市長)が企画。森林総合研究所(茨城県つくば市)の川上和人さんの著書「鳥類学者 無謀にも恐竜を語る」の内容を、約100点の化石標本などで分かりやすく解説している。同館で恐竜に関する展示を行うのは初めて。

 館内に入ると早速、体長10メートル超のタルボサウルスの全身骨格が、今にも襲いかかってきそうな大迫力で出迎えてくれる。パネルには「恐竜に毒はあったか」「味覚はあったか」「飛べたのか」など研究内容を踏まえた川上さんの文章が記されているほか、始祖鳥や、翼竜のくちばし、ジュラ紀の北米大陸に生息したディプロドクスの頭部なども並ぶ。

 一角には、大きなとさかが特徴のパラサウロロフスの泣き声を再現したコーナーも。同館職員で普及啓発担当の本間憲一さん(36)は「恐竜と鳥の関係を多くの人に知ってもらい、鳥を『現代に生きる恐竜』として見て興味を持ってほしい」と話していた。

 入館無料で9月9日まで。
http://yamagata-np.jp/news/201806/23/kj_2018062300497.php

http://archive.is/1YA3G

posted by BNJ at 10:53 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: