2018年06月24日

憂楽帳 癒やし【毎日新聞2018年6月23日】(ダチョウ)

 そのあたりにいるのは知っていた。しかし、ジョギング中に突然ダチョウに出合えば驚く。津市の三重県立久居農林高実習農場。翼をゆったり動かすダチョウが6羽。大きな丸い瞳に見下ろされると、なかなか別れがたい。

 なぜダチョウ? 別の日に訪れると「家畜としての実習用」という。肉、皮、卵に羽までも利用できる効率の良い家畜らしい。手探りで飼育を進めた同校。卵から成鳥…
https://mainichi.jp/articles/20180623/ddh/041/070/003000c

http://archive.is/0zF2r

タグ:ダチョウ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: