2018年06月25日

【きのうきょう】空き地【産経ニュース2018年6月25日】

 東京都東久留米市 上原晴美 65 主婦

 家の南側の空き地に、戸建て住宅が10棟建つことになった。そこは30年前に引っ越してきたときは、立派な栗林だった所で、秋になるとカサッと実が落ちる音がしたものだ。野鳥も多く、オナガの鳴き声に驚いたこともあった。

 その栗林は15年ほど前に突然なくなってしまった。一本一本ロープで倒される姿を見て、胸が締めつけられた。それでも空き地のまま残り、日当たりの良くなったわが家の庭では木々が大きく育った。そしてヒヨドリ、シジュウカラなどが訪れるようになり、「もうすぐ春だよ」と教えてくれる。

 今、その空き地が住宅地に変わっていく。

 来年、庭の木や花は変わりなく成長してくれるだろうか。鳥たちは春を告げに来てくれるだろうか。いろいろ不安もあるが、どうにもならないことを思い惑うのはやめよう。街が変わるのは楽しみでもあるのだから。

 「きのうきょう」の原稿を募集しています。生活の中で感じたことを400字程度にまとめ、住所、氏名、年齢、職業、電話番号を明記して、お送りください。原稿は応募者の自作で、本欄のみへの投稿作品に限ります。宛先は〒100−8078か〒556−8660(いずれも住所不要) 産経新聞文化部生活面「きのうきょう」係。FAXは03・3270・2424です。採用分には2000円分の図書カードを差し上げます。
https://www.sankei.com/life/news/180625/lif1806250012-n1.html

http://archive.is/ciDxc

posted by BNJ at 10:53 | Comment(0) | 鳥類コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: