2018年06月27日

カルガモのヒナすくすく 豊川・佐奈川上流に13匹【東日新聞2018年6月27日】

 豊川市の佐奈川の上流で、カルガモのヒナがすくすく育っている。今春に生まれたようで、13匹いるらしい。

 ヒナは群れで泳ぎながら時折、親に寄り添って甘えたり、背中に乗ってじゃれたり。群れが崩れそうになると慌てて泳ぎ出す姿も見られた。

 豊川市足山田町の福祉施設臨時職員の鈴木宏文さん(73)がカメラに収めた。「親は警戒していた。ヒナの目がキョロキョロしていて、かわいい」と話した。

 また、豊橋市大岩町ののんほいパークの大沢池でも5月にカルガモが12羽ふ化し、日々成長しているという。

親に寄り添うカルガモのヒナなたち(提供、佐奈川で)
http://www.tonichi.net/news/index.php?id=68586

http://archive.is/Ju8Vb

タグ:カルガモ
posted by BNJ at 11:02 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: