2018年06月28日

自然保護活動への協力者募る 妙高 環境会議サポーター制度創設【新潟日報モア2018年6月28日】

ライチョウの生態調査費の寄付者に贈られるピンバッジ

 妙高の自然環境の保全や活用について検討する「生命地域妙高環境会議」は26日までに、自然保護活動への協力者を増やすため、本年度、「環境会議サポーター制度」を設け、全国に参加者を募ることを決めた。

 環境会議は、妙高戸隠連山国立公園の独立を契機に2016年に設けられた。現在、「火打山の自然再生」「奥山、里山、里川の再生・保全」「自然体験の推進」の三つをプロジェクトの柱に活動している。

 環境会議サポーター制度は、プロジェクトの実効性を高めるために創設。いもり池に繁茂する外来種スイレンの除去など自然保護活動に参加する人を全国から募る。

 環境会議議長の月尾嘉男東大名誉教授は「山の環境をどう保全・活用していくか、妙高から新たな動きを発信できたらいい」と話している。

◎ライチョウ調査費用募集 寄付者に贈るバッジ作成

 火打山に生息するライチョウの生態調査費用をクラウドファンディング(CF)で募っている妙高市は、寄付者に贈るピンバッジを作った。

 バッジは直径2・6センチ。中央にライチョウが描かれ、ライチョウの下には火打山の高山帯に生息する植物ハクサンコザクラをあしらった。市職員がデザインした。

 妙高市は来年度、ライチョウの保護を目的とした生態調査に着手する予定で、ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」を活用して5月から募金を呼び掛けている。

 募金は7月2日までで、26日現在、目標額130万円に対して約110万円が集まっている。問い合わせは妙高市環境生活課、0255(74)0033。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20180627402657.html

http://archive.is/8tYuB

妙高市がライチョウ保護にクラウドファンディング型ふるさと納税【上越タウンジャーナル2018年5月20日】

タグ:ライチョウ
posted by BNJ at 12:02 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: