2018年07月11日

ライチョウ4羽がふ化、栃木 那須の動物園【共同通信2018年7月11日】

那須どうぶつ王国でふ化したニホンライチョウのひな=11日、栃木県那須町(同園提供)
 国の特別天然記念物で絶滅危惧種「ニホンライチョウ」の人工繁殖に取り組む栃木県那須町の動物園「那須どうぶつ王国」は11日、4羽のひながふ化したと発表した。性別はまだ分かっていない。

 どうぶつ王国によると、6日に受精卵4個を上野動物園(東京都)から移送し温めていた。10日午後5時すぎに最初の1羽が生まれ、11日午前6時半までに全て無事に誕生した。

 どうぶつ王国では3月、飼育している雌とつがいにするため、大町山岳博物館(長野県)から雄1羽を譲り受けたが、このペアから卵は産まれていない。
https://this.kiji.is/389682980874683489?c=39546741839462401

栃木)ライチョウひなかえる 那須どうぶつ王国【朝日新聞デジタル2018年7月12日】
10日夕方に生まれたニホンライチョウのひな=2018年7月11日午前9時32分、那須どうぶつ王国提供

 国の特別天然記念物、ニホンライチョウの繁殖に取り組んでいる那須町の那須どうぶつ王国で、東京・上野動物園から来た卵4個から、10日夕から11日未明までにひな4羽がかえった。上野動物園からは6日に移送され、同王国で孵卵(ふらん)器を使って保温してきた。

 同王国によると、性別はまだ不明だが、10日に誕生した2羽は「ピピピッピ」などと鳴いているという。体長は6センチ、体重は17グラムほど。

 同王国では「生まれた後2、3日と、その後2週間ぐらいまでは体調を崩しやすいので、注意深く見ていきたい」と話す。昨年から繁殖に取り組んできた経験を生かし、飼育・観察を続けていく方針だ。

 今回の4羽は、上野で産卵され…

残り:57文字/全文:344文字
https://www.asahi.com/articles/ASL7C5R5LL7CUUHB01J.html

ライチョウひな4羽孵化 那須どうぶつ王国園長「うれしい」【産経ニュース2018年7月12日】

 那須どうぶつ王国(那須町大島)は11日、国の特別天然記念物で絶滅危惧種のニホンライチョウの卵からひな4羽が孵化(ふか)したと発表した。上野動物園(東京都台東区)で産卵された受精卵4個を6日に受け入れ、孵卵器(ふらんき)で温度や湿度を管理しながら人工孵化を目指していた。

 那須どうぶつ王国によると、10日夕に2羽、11日未明と早朝に2羽がそれぞれ孵化した。性別は不明。4羽のうち10日に孵化したひなの体重は約17グラムで元気に歩き回っているという。

 佐藤哲也園長は「無事に孵化してうれしい。状態は4羽とも良好。昨年の経験を生かして、しっかりと育てていきたい」と話した。(伊沢利幸)
https://www.sankei.com/region/news/180712/rgn1807120045-n1.html

ライチョウのひな誕生 4個の受精卵全てふ化【下野新聞SOON2018年7月12日】
10日にふ化したニホンライチョウのひな=11日午前8時20分、那須どうぶつ王国提供
 国の特別天然記念物ニホンライチョウの人工繁殖に取り組む那須町大島の那須どうぶつ王国(佐藤哲也(さとうてつや)園長)は11日、上野動物園(東京都)から6日に受け入れたニホンライチョウの4個の受精卵からひながふ化したと発表した。4羽とも健康状態は良好だという。

 ひなは10日午後から11日早朝にかけて誕生した。体長はいずれも約6センチ。体重は10日生まれた2羽が17グラム。11日に生まれた2羽は、体の毛が乾いていないため測定していないが、大きさから17グラムほどとみられる。
https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/48572

ライチョウヒナ4羽誕生【読売新聞2018年7月12日】
無事に生まれたニホンライチョウのヒナ(那須どうぶつ王国提供)
 那須どうぶつ王国(那須町大島)は11日、上野動物園(東京都)から6日に受け入れた国の特別天然記念物「ニホンライチョウ」の卵4個全ての孵化ふかに成功し、ヒナ4羽が生まれたと発表した。

 どうぶつ王国によると、ヒナは10日午後5時15分〜同5時半と、11日午前3時半〜同6時半に、2羽ずつ誕生した。いずれも性別は不明。4羽とも健康状態は良好だが、誕生後2週間ほどは体調を崩しやすいことから、どうぶつ王国は注意深く観察を続けていく。

 環境省のニホンライチョウ人工繁殖事業で、どうぶつ王国は昨年6月にも上野動物園から卵5個を受け入れ、3羽のヒナがかえったが、いずれも死んだ。一方、昨年7月に大町山岳博物館(長野県)から受け入れた1個については孵化に成功し、メスのヒナが生まれた。今年3月にはオスを迎えて、産卵が期待されている。
https://www.yomiuri.co.jp/local/tochigi/news/20180712-OYTNT50116.html

【栃木】ニホンライチョウ 4羽誕生 那須どうぶつ王国 餌食べ歩き回る【東京新聞2018年7月13日】
ケージの中で一緒に過ごす4羽のひな(那須どうぶつ王国提供、12日撮影)

写真
 国の特別天然記念物で絶滅危惧種のニホンライチョウを飼育する那須町の那須どうぶつ王国で十日から十一日にかけて、四羽のひながふ化した。環境省の保護増殖事業計画に基づいた人工繁殖の一環で、六日に上野動物園(東京)から受精卵四個を受け入れていた。

 どうぶつ王国によると、十日午後五時〜五時半に二羽、十一日午前三時半〜六時半に二羽がふ化。介助を必要とせず、自ら殻を破ったという。四羽の体重は一五・五〜一七グラムで、性別はまだ分からない。

 四羽は十二日、個別の箱から大きめのケージの中に移されて“共同生活”を始めた。室温は二五度で、約四〇度に温められた場所もある。ケージの中で歩き回り、元気に餌もついばんでいる。どうぶつ王国の担当者は「生後二週間までは体調が変化しやすいので、細心の注意を払って見守っている」と話している。

 昨年六月にも上野動物園から卵を受け入れ、三羽がふ化したが育たなかった。一方、大町山岳博物館(長野県大町市)から移送された一個はふ化して、順調に成長。雌だったため、三月には同博物館から雄一羽を迎え入れて繁殖を目指している。(小川直人)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/list/201807/CK2018071302000161.html

http://archive.is/GHwS0
http://archive.is/yiLkU
http://archive.is/rJ4co
http://archive.is/TUiMN
http://archive.is/0agQX
http://archive.is/8d2WE

posted by BNJ at 22:15 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: