2018年07月12日

【探鳥】アカゲラ(赤啄木鳥) 白樺で子育て【東京新聞2018年7月12日】

 栃木県日光市の戦場ケ原で6月中旬、シラカバの幹に止まるアカゲラ。木漏れ日が樹林を明るく照らして印象的。赤と黒、白の模様が美しい。「キョッ、キョッ」と鳴いた。巣穴があり、何度も餌の昆虫を運んだ。ヒナはまだ小さいのか、顔は出さなかった。

 留鳥または漂鳥として平地から山地の森林に生息するキツツキの仲間。「森の番人」とも呼ばれ、マツノマダラカミキリなどの害虫を食べて森の木々を守っている。全長24センチ。 (写真と文・堀内洋助)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/amuse/bird/CK2018071202000189.html

http://archive.is/proJp

タグ:アカゲラ
posted by BNJ at 21:33 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: