2018年07月13日

大型肉食竜の全身骨格標本も【荘内日報2018年7月12日】(特別企画展「鳥類施設 無謀にも恐竜を飾る」)

 酒田市草津の環境省猛禽類保護センター「鳥海イヌワシみらい館」で、夏休み特別企画展「鳥類施設 無謀にも恐竜を飾る」が開かれ、大型肉食竜「タルボサウルス」の全身骨格標本をはじめ、恐竜や鳥類の祖先の化石を中心にした標本が、来館者を楽しませている。

 同センターは、国の天然記念物イヌワシをはじめ、鳥海山麓に生息する希少な猛禽類の調査研究や保護、啓発を行っている。今回は、「鳥類の祖先は恐竜」が通説となりつつあることを踏まえ、国立科学博物館など全国の博物館から借りた化石の現物やレプリカ、合わせて約100点を展示した。

 このうち目玉のタルボサウルスは、中生代白亜紀(1億4500万―6600万年前)にアジアに生息していた最大・最強の肉食竜で、アメリカにいたティラノサウルスに近い種といわれる。展示した全身骨格標本は体長約10メートルで、鋭い牙が生えた大きな頭が見る人を圧倒する。

 そのほか、ジュラ紀の「始祖鳥」、羽毛を持つ「アウロルニス・シュイ」、白亜紀前期の尾に羽毛を持つ「カウディプテリクス」、南米で見つかった翼竜「プテロダウストロ」など、鳥類に関係するものを中心に、鶴岡市田麦俣で見つかった「月山象」(ステゴロフォドン)やアンモナイトなどの化石標本を展示。来館者は、生物進化の歴史に思いをはせるように、興味深そうに見入っていた。

 夏休み特別展は9月9日(日)まで、期間中は無休。入館無料。同館では夏休み期間中の体験プログラムとして、▽今月23日(月)―29日(日)=お鷹ぽっぽの絵付け(材料費500円)▽同30日(月)―来月5日(日)=鳥の羽でドリームキャッチャーを作ろう(同大250円、小200円)▽同6日(月)―12日(日)=エコバッグを作ろう(同200円)▽同13日(月)―19日(日)=蜜ろうそくを作ろう(同400円)―などを行う。問い合わせは同館=電0234(64)4681、電子メールmoukin@raptor-c.com=へ。

全身10メートルと大迫力の「タルボサウルス」の全身骨格標本

2018年(平成30年) 7月13日(金)付け紙面より
http://www.shonai-nippo.co.jp/cgi/ad/day.cgi?p=2018:07:13

http://archive.is/WcQCv

posted by BNJ at 10:32 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: