2018年07月13日

栃木)日光・戦場ケ原で初心者向けの探鳥会【朝日新聞デジタル2018年7月13日】

昨年の戦場ケ原での探鳥会

 戦場ケ原の高層湿原で、野鳥を一緒に探しませんか。日本野鳥の会栃木県支部は、22日と8月25日の2回、日光国立公園内の戦場ケ原で、初心者を対象にした「ビギナー探鳥会」を開く。県民なら誰でも参加できる。

 ビギナー探鳥会は、予備知識がなくても大丈夫で、会員の専門家が付き添って、鳥の見分け方や双眼鏡の使い方などバードウォッチングの初歩的なことから説明する。

 両日とも、午前8時に日光市中宮祠の県営赤沼駐車場に集合し、湿原の中の木道を含む遊歩道を往復約2キロにわたって散策。草原性のノビタキやホオアカ、カッコウ、森林性のキビタキ、アカゲラなどの野鳥を探す。戻って、見られた鳥のおさらいをする「鳥合わせ」をして午前10時に解散。

 申し込み不要で、現地に集合。参加費は200円(中学生以下は無料)。雨具や筆記用具を持参し、双眼鏡や図鑑は無料で貸し出す。参加者には身近な野鳥を紹介した小冊子「おさんぽ鳥図鑑」をプレゼントする。雨天中止。 問い合わせは日本野鳥の会栃木県支部に電話(028・625・4051=火、木、金曜日に職員が勤務)するか、ホームページを参照。(平井隆昭)
https://www.asahi.com/articles/ASL7466K5L74UUHB00V.html

http://archive.is/JPohO

posted by BNJ at 10:36 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: