2018年07月20日

【スマスイ・インスタ日誌】光と水…昼下がりのペンギン館、幻想スペクタクル【産経WEST2018年7月20日】

夏の日差しと水しぶきがペンギンのヒナの周囲に幻想的な雰囲気をつくりだす
 昼下がりのペンギン館にお邪魔した。

 1羽のヒナが、クルクルと回るスプリンクラーの横でじっと動かないままひと休みしている。

 やわらかな水しぶきを浴びながらウトウトしたような表情を見せる。今にも眠りに落ちてしまいそうだ。

 そんなのどかな夏の情景も、鋭く差し込む太陽の光と水しぶきの効果によって、幻想的なスペクタクルへと生まれ変わる。

 「ジー、ジー、ジー」。暑苦しく鳴くセミを横目に、どこが涼しげなペンギンのヒナであった。

 (スマスイ写真部員I)



 ご紹介の写真・画像は神戸市立須磨海浜水族園のインスタグラム(https://www.instagram.com/sumasui_kobe)でも掲載前後にアップされます。
https://www.sankei.com/west/news/180720/wst1807200038-n1.html

http://archive.is/RxTeK

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: