2018年07月23日

鶏6羽襲われるクマ被害か 花巻【NHKニュース2018年7月21日】

21日朝早く、花巻市の民家の小屋の金網が壊されているのが見つかり、中から鶏の死骸が見つかったことなどから、警察はクマによる被害とみて調べています。

21日朝5時半ごろ、花巻市鉛の藤井彰夫さん(68)が、自宅の敷地にある木造の小屋の金網が壊されているのを見つけました。
小屋では、うこっけい15羽と比内鶏6羽の合わせて21羽を飼育していましたが、このうち2羽が死骸で見つかり4羽がいなくなっていました。
警察が通報を受けて確認したところ、クマの痕跡は見つかりませんでしたが、周辺でクマの目撃が相次いでいることから、警察はクマによる被害とみて調べています。
現場は、花巻市役所から北西に14キロほど離れた鉛温泉近くの山あいです。
警察などは、目撃情報が寄せられた地域を中心にパトロールをするとともに、山に入るときには鈴や笛、ラジオなど音の出るものを身につけるよう注意を呼びかけています。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/morioka/20180721/6040001427.html

http://archive.is/geZXz

posted by BNJ at 11:08 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: