2018年07月25日

街角ワイド 苫小牧 86歳アマチュアの野鳥写真展 /北海道【毎日新聞2018年7月25日】

 由仁町川端在住のアマチュアカメラマン、横井保さん(86)による「野鳥との出会い写真展」が29日まで、苫小牧市植苗のウトナイ湖野生鳥獣保護センターで開かれている。

 横井さんは13年前にがんが再発。闘病生活中にウトナイ湖を訪れ、飛来する白鳥に魅了されて写真を撮るようになった。水辺にたたずむ真っ白なダイサギや仲むつまじく寄り添うコブハクチョウなど20点を展示。横山さんは「野鳥の生命力を感じてほしい」と話している。閉館日の毎週月曜日(祝日の場合は翌日)を除く午前9時〜午後5時まで。無料。
https://mainichi.jp/articles/20180725/ddl/k01/040/066000c

http://archive.is/I9XRk

posted by BNJ at 11:38 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: