2018年07月26日

アイガモ6羽避暑生活中 住民ら見守る 南あわじ【神戸新聞NEXT2018年7月26日】

諭鶴羽ダム上流でのんびり過ごすアイガモが散歩中の人々を和ませている=南あわじ市神代浦壁、諭鶴羽ダム上流

えさのキュウリを食べるアイガモ=南あわじ市神代浦壁、諭鶴羽ダム上流
 兵庫県南あわじ市の諭鶴羽ダム上流で、アイガモ6羽が涼しげに過ごしている。この時期、暑い町中を避けて森林の中を散歩する人々も多く、えさを食べたり、水浴びをしたりする姿が人々を和ませている。(高田康夫)

 同市内の男性(77)が陸の港西淡近くで飼っていたアイガモ。諭鶴羽ダム周辺へ散歩に行く仲間とともに、約1カ月前に同ダム上流に移した。男性らは毎日、キュウリや米ぬかなどのえさを持ってきている。

 この時期、元の場所では水温が30度を超えてしまうが、ここでは20度弱。もともと高くは飛べないアイガモだが、涼しくて居心地が良いのかのんびり過ごす。大雨の際は危険を察知したのか、川のそばを通る道路部分まで“自主避難”し、水位が元に戻ると自分たちで元の場所に戻っていたという。

 周辺には大きなヘビやイタチなどもいるといい、散歩中の人々は近くを通るたびに数え、「きょうも6羽無事や」と安心した様子で愛らしいアイガモを眺めている。
https://www.kobe-np.co.jp/news/awaji/201807/0011482966.shtml

http://archive.is/E0HjZ

posted by BNJ at 21:40 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: