2018年07月27日

海の生き物次々搬入 遊べる水族園in燕趙園【日本海新聞2018年7月27日】(マゼランペンギン)

 「遊べる水族園in燕趙園」(新日本海新聞社主催、中国庭園燕趙園、日本海テレビ共催、チュウブ特別協賛)の開幕を控えた26日、会場となる湯梨浜町の中国庭園燕趙園に魚や海の生き物などが次々と搬入された。

開幕を控え、会場に到着したマゼランペンギン=26日、湯梨浜町の中国庭園燕趙園
 マゼランペンギンをはじめ、カクレクマノミ、ハリセンボンやチンアナゴなど水族館で注目の魚たちが観察できる。期間中は、ペンギンのお散歩や専門スタッフの解説で園内を巡るガイドツアーなどの企画が催される。

 この日は、スタッフが水槽に水を張り、マゼランペンギン2羽をゲージに移し、水温を調整しながらカクレクマノミ約30匹、ミズクラゲ約20匹を慎重に水槽に放していた。搬入作業は27日も行われる。

 同水族園の会期は28日〜8月19日(会期中無休)。午前9時〜午後5時(最終入園は午後4時半まで)。(加嶋祥代)
http://www.nnn.co.jp/news/180727/20180727050.html

http://archive.is/DbPYU

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: