2018年07月28日

ペンギンのヒナ、愛称決まる【神奈川新聞ニュース2018年7月28日】

愛称が「とび丸」に決まったキタイワトビペンギン
 4月下旬に京急油壺マリンパーク(三浦市三崎町小網代)で生まれたキタイワトビペンギン3羽の愛称がそれぞれ、「エルブ」「とび丸」「こがね」に決まった。

 3羽を開館50周年記念鳥として、愛称を公募。寄せられた245件639点を、(1)新聞記事を見て郵送(2)園内の応募箱に投函(とうかん)(3)ホームページなどを見て郵送−の応募方法ごとに審査し、(1)から「エルブ」、(2)から「とび丸」、(3)から「こがね」を選んだ。採用者には年間パスポートなどが贈られる。

 3羽は現在、体長30センチから40センチまでに成長。今月上旬には親元から巣立ち、初泳ぎした。1歳になるまではキタイワトビペンギンの特徴である黄色い飾り羽が生えないため、来年4月ごろまではその有無などで3羽を見分けることができるという。
https://www.kanaloco.jp/article/349291/

http://archive.is/fdTg6

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: