2018年07月28日

愛媛豪雨災害 大洲・肱川の鵜飼い再開、8月中旬に延期【愛媛新聞ONLINE2018年7月28日】

肱川などの状況を確認する「うかい等運営委員会」の委員ら=27日午前10時20分ごろ、大洲市柚木

 愛媛県の大洲市観光協会や市などでつくる「うかい等運営委員会」は27日、鵜飼い再開時期のめどを8月1日から中旬に変更した。

 委員ら12人が27日、屋形船で約1時間、肱川の水の濁りや漂流物の有無、地形の変動などを確認。川の状況や台風12号の接近などから後倒しした。今後は漂流物の片付けやコース変更などを協議する。

 西川慎一委員長(51)は「大洲の復興のため伝統的な夏の風物詩である鵜飼いを再開し、今まで通りのコースを(客に)乗っていただけるようにしたい」と話した
https://www.ehime-np.co.jp/article/news201807280035?utm_medium=social&utm_content=%2Farticle%2Fnews201807280035

http://archive.is/HlY6J

posted by BNJ at 23:33 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: