2018年07月31日

長野)ペンギンに「流しアジ」のプレゼント【朝日新聞デジタル2018年7月31日】

 猛暑が続く中、長野県小諸市の市動物園で26日、フンボルトペンギンに流しそうめんならぬ「流しアジ」がプレゼントされた。ペンギンたちに涼を味わってもらおうと3年前に始まった人気イベントで、本番は8月の毎週土日午前11時45分から。

 ペンギン舎前に据えられた長さ約8メートルのアクリル製の樋(とい)に飼育員がアジを流すと、8羽のペンギンたちは首を伸ばしてパクリ。15分ほどの間に約1キロのアジを平らげた。

 飼育員によると、南米原産のフンボルトペンギンは暑さには比較的強いが、この夏は食欲がない日もあるという。「流れる魚を捕まえるのが楽しいらしく、いつもより生き生きして食欲も旺盛です」(土屋弘)
https://www.asahi.com/articles/ASL7V5FHJL7VUOOB00L.html

http://archive.is/yKbe5

posted by BNJ at 21:32 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: