2018年08月01日

佐賀市でコウノトリを目撃【サガテレビ2018年7月31日】

サガテレビアプリに珍しい鳥の映像が投稿されました。水田でエサを探すのは2羽のコウノトリです。7月30日午前11時ごろ、佐賀市西与賀町で市内に住む江頭美由紀さんが見つけて撮影しサガテレビアプリに投稿しました。兵庫県立コウノトリの郷公園によると野生のコウノトリは日本では今から47年前の1971年に絶滅したということです。その後、コウノトリの郷公園などが人工繁殖させ放鳥した結果、現在では野生で繁殖したものも合わせおよそ140羽が確認されています。また日本野鳥の会佐賀県支部によりますと、県内でも時折目撃されているということです。兵庫県立コウノトリの郷公園では「見つけた場合は驚かせないよう150m以上の距離を取りながら観察してほしい」と話しています。
https://www.sagatv.co.jp/nx/news/detail.php?id=3310

佐賀市でコウノトリ2羽発見!川副町の江頭さん夫妻 東与賀町の水田で【佐賀新聞LiVE2018年8月3日】
水田に飛来したコウノトリ2羽=佐賀市東与賀町(提供写真)

 佐賀県佐賀市東与賀町飯盛の水田で7月30日、国の特別天然記念物であるコウノトリ2羽が発見された。偶然、車で近くを通りかかった同市川副町の江頭照隆さん(52)と妻の美由紀さん(49)が見つけ、動画を撮影した。

 2人は以前、テレビで見たのを思い出し、「コウノトリではないか」と直感。路肩に車を停車させ、撮影した。その後、息子の隆紀さん(24)も現場に行き、2羽を観察。約50メートル離れた水田で餌を探すように頭を上げ下げしながらゆっくり動いていたが、その後、同時に北西に飛び立ったという。

 日本野鳥の会佐賀県支部の宮原明幸支部長は、江頭さんが撮影した写真を見て「羽色とくちばしの特徴から、コウノトリで間違いない」と断言。近隣では昨年11月に福岡県小郡市で目撃情報があったという。宮原支部長は、コウノトリの保護や野生復帰に取り組む「兵庫県立コウノトリの郷公園」から放鳥された個体が飛来した可能性を示唆している。
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/254204

http://archive.is/otx4u
http://archive.is/QeiQc

タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 11:42 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: