2018年08月07日

愛媛・大洲の鵜飼い 7日夜再開、豪雨で被災【MBSニュース2018年8月7日】

 大洲市の肱川です。川が氾濫した先月7日、20羽の「鵜」が飼育されているこちらの小屋も天井付近まで濁流が押し寄せました。肱川の「鵜飼い」は今年6月にスタートしましたが、氾濫で休止を余儀なくされました。

 しかし、大洲の観光のシンボルを復興の弾みにしたいという強い思いから、地元では川底にたまった土砂の撤去などを進め、再開にこぎつけました。ただ、従来はこちらが出発地点でしたが、復旧がまだ完了していないため、下流の半分のコースで行われます。それでも、鵜匠たちは「鵜飼いで大洲を元気にしたい」と意気込んでいました。(07日11:40)
https://www.mbs.jp/news/zenkokunews/20180807/3440773.shtml

http://archive.is/RLpYI
愛媛豪雨災害 大洲・肱川の鵜飼い再開、8月中旬に延期【愛媛新聞ONLINE2018年7月28日】

posted by BNJ at 21:05 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: