2018年08月08日

西日本豪雨の影響で休止の“鵜飼い”再開【日テレNEWS24 2018年8月8日】

西日本豪雨の影響で休止していた「日本三大鵜飼」の一つ愛媛「大洲のうかい」が7日夜、再開した。

7日午後8時、かがり火がともる幻想的な雰囲気の中、「大洲のうかい」が1か月ぶりに再開し、35人の観客が華麗な水上ショーを楽しんだ。西日本豪雨で大規模な浸水に見舞われた大洲では、鵜飼いも乗船場が壊れるなどしたため、休止を余儀なくされていた。

鵜匠が操る5羽の鵜はブランクを感じさせない身のこなしでアユを捕らえ、再開を待ちわびていた観客から大きな歓声が上がっていた。

観客「この大洲になくてはならない、大事なものだと改めて感じました」

鵜匠・井上利和さん「みなさんにちょっとでも元気になってもらって、鵜も頑張ってますよというのを見てもらえればと思います」
http://www.news24.jp/articles/2018/08/08/07400878.html

http://archive.is/vLl8e

posted by BNJ at 21:57 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: