2018年08月09日

【探鳥】エナガ(柄長) 木漏れ日の中で【東京新聞2018年8月9日】

エナガ(柄長) 木漏れ日の中で

 神奈川県秦野市の権現(ごんげん)山バードサンクチュアリで7月24日、木の枝に止まるエナガ。水浴び後のため、羽毛がぬれている。きらめく樹林の木漏れ日が印象的だ。小さくて丸みのある体と小さなくちばし、細長い尾はかわいらしい。

 留鳥または漂鳥で林などに暮らすエナガ科。この日は午前9時ごろ、十数羽で飛来。数日前も同じ時間に群れで現れ、規則正しさに驚いた。北海道の亜種シマエナガは頭部全体が白く人気者だ。全長14センチ。 (写真と文・堀内洋助)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/amuse/bird/CK2018080902000174.html

http://archive.is/WcBVg

タグ:エナガ
posted by BNJ at 11:11 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: