2018年08月15日

「カラス清掃員」勤務態度は良好? せっせと吸い殻拾い 仏【AFPBB News2018年8月15日】

フランス西部レゼペスの歴史テーマパーク「ピュイ・デュ・フー」で、拾ったタバコの吸い殻を木箱に持ってきた「カラス清掃員」(2018年8月14日撮影)
フランス西部レゼペスの歴史テーマパーク「ピュイ・デュ・フー」で、拾ったタバコの吸い殻を木箱に捨てる「カラス清掃員」(2018年8月14日撮影)
フランス西部レゼペスの歴史テーマパーク「ピュイ・デュ・フー」で、拾ったタバコの吸い殻を取り合う「カラス清掃員」(2018年8月14日撮影)
フランス西部レゼペスの歴史テーマパーク「ピュイ・デュ・フー」で、タバコの吸い殻などを拾う「カラス清掃員」の訓練を担当するクリストフ・ガボレ氏とカラス(2018年8月14日撮影)
フランス西部レゼペスの歴史テーマパーク「ピュイ・デュ・フー」で行われたショーで空を舞う鳥(2018年8月14日撮影)
フランス西部レゼペスの歴史テーマパーク「ピュイ・デュ・フー」で行われたショーで空を舞う鳥(2018年8月14日撮影)
【8月15日 AFP】フランス西部レゼペス(Les Epesses)の歴史テーマパーク「ピュイ・デュ・フー(Puy du Fou)」で14日、タバコの吸い殻やごみを拾うよう訓練されたカラス6羽の「勤務中」の姿がみられた。拾った吸い殻は、カラスの訓練を担当するクリストフ・ガボリ(Christophe Gaborit)氏が持つ木箱に捨てられる。
http://www.afpbb.com/articles/-/3186080
http://www.afpbb.com/articles/-/3186106


「カラス清掃員」初出動へ、吸殻拾いの訓練受け 仏テーマパーク【AFPBB News2018年8月11日】
【8月11日 AFP】フランスの歴史テーマパークで、タバコの吸殻やごみをくちばしで拾うように訓練されたカラス6羽が来週、初出動することが分かった。テーマパークが10日、明らかにした。

 西部バンデ(Vendee)県にあるテーマパーク「ピュイ・デュ・フー(Puy du Fou)」のニコラ・ドヴィリエ(Nicolas de Villiers)氏はAFPに、「単に(園内を)きれいにすることだけが目標ではない。訪問客は概してきれいに保つよう気をつけている」と述べ、狙いは「自然そのものがわれわれに環境を保護するよう教える」ことを示すことでもあると語った。

 訓練されたのはカラス科の1種のミヤマガラスで、ドヴィリエ氏によると「特に知能が高い」とされ、適切な環境下では「人間と意思疎通し、遊びを通じて関係を築くことを好む」。

 カラスにごみ拾いをさせる方法として、拾った吸殻やごみくずを入れるたびに餌が出てくる小箱が使われるという。
http://www.afpbb.com/articles/-/3185747

http://archive.is/ceIH7
http://archive.is/8vhxk
http://archive.is/i9Sj4


posted by BNJ at 23:03 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: