2018年08月14日

朱鷺色の翼 青田に映える 放鳥10年 トキ模様【新潟日報モア2018年8月14日】

田んぼのあぜを飛び立つトキ。真夏の日差しを受け羽の色が輝いた=8日午前8時ごろ、佐渡市

 真夏を迎え、トキは10〜20羽の群れで行動している。田んぼ周辺のエサ場では土の中をくちばしでつつきながら、順番に首を上げ、辺りをキョロキョロ。天敵や人の往来など危険を察知すると一斉に飛び立っていった。

 お気に入りのエサ場を共有するトキ同士が緩やかなグループをつくり、一緒に食事したり、木の上で休憩したりしている。メンバーは一定ではなく出入りを繰り返す。中でも好奇心が強い幼鳥は夏から秋にかけて、群れを渡り歩く場合もあるという。

 夏は羽が生え替わり、美しく見える季節。朱鷺色の羽を広げ、群れで飛ぶトキと緑の田んぼのコントラストが際立っていた。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/toki/habatake/20180814412344.html

http://archive.is/Zwcnx

タグ:トキ 佐渡島
posted by BNJ at 21:14 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: