2018年08月18日

新潟・長岡でもトキ公開 国内3カ所目 【日本経済新聞2018年8月18日】

 新潟県長岡市は18日、同市トキ分散飼育センターに隣接する観覧棟「トキみ〜て」でトキの一般公開を始めた。一般公開は同県佐渡市、石川県能美市に次いで国内3カ所目。餌をついばむ姿などを間近で観察できる。

新潟県長岡市で一般公開されたトキ(18日午後)=共同

 公開したのは、佐渡市の佐渡トキ保護センターから移送された8〜14歳の雄4羽。飼育ケージに入れられ、ガラス越しに見られる。長岡市の中学1年、加勢結さん(12)は「トキを見るのは初めて。思ったよりも大きくてすごかった」と笑顔を見せた。

 トキは国の特別天然記念物で、鳥インフルエンザなどの感染症を防ぐため、国内4カ所で分散飼育されている。長岡市では2011年からトキの飼育と繁殖に取り組み、これまでに39羽のヒナが誕生している。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34315520Y8A810C1CN8000/

新潟・長岡でもトキ公開 国内3カ所目、間近に観察【共同通信2018年8月18日】
新潟県長岡市の「トキみ〜て」で、一般公開されたトキを見る子どもたち=18日午後
 新潟県長岡市は18日、同市トキ分散飼育センターに隣接する観覧棟「トキみ〜て」でトキの一般公開を始めた。一般公開は同県佐渡市、石川県能美市に次いで国内3カ所目。餌をついばむ姿などを間近で観察できる。

 公開したのは、佐渡市の佐渡トキ保護センターから移送された8〜14歳の雄4羽。飼育ゲージに入れられ、ガラス越しに見られる。

 トキは国の特別天然記念物で、鳥インフルエンザなどの感染症を防ぐため、国内4カ所で分散飼育されている。長岡市では2011年からトキの飼育と繁殖に取り組み、これまでに39羽のヒナが誕生している。

 開館時間は午前9時から午後5時まで。
https://this.kiji.is/403435097665061985?c=39546741839462401

間近で観察 「トキみ〜て」開館 長岡 分散飼育センター【新潟日報モア2018年8月18日】
 新潟県長岡市寺泊夏戸のトキ分散飼育センターの一般向け観覧棟「トキみ〜て」が18日、開館した。佐渡市以外での一般公開は、石川県能美市のいしかわ動物園に次いで2例目。待ちわびた多くの市民が訪れ、...
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/toki/habatake/20180818413191.html

佐渡以外で県内初 長岡市にトキ観察施設(新潟県)【NNNニュース2018年8月18日】
 佐渡市以外で県内初のトキ観察施設が長岡市に完成した。

 長岡市寺泊地区で18日オープンしたのは、長岡市トキ分散飼育センターの観覧棟「トキみ〜て」。
 この施設では、一般の人が大きな観覧窓からオスのトキ4羽を間近で観察することができる。
 佐渡市以外で、トキが一般公開されるのは、県内初となる。
 18日にはさっそく多くの人が訪れ、水辺でエサを食べる様子などトキの生態を食い入るように観察していた。
 訪れた人は「すごくかわいかった」「羽がすごかった。目の近くも赤くてきれいだった」と述べた。
 運営する長岡市は2019年3月までに、約1万人の来館者を見込む。
http://www.news24.jp/nnn/news88213257.html

新潟)長岡「トキみ〜て」開館 4羽の一般公開始まる【朝日新聞デジタル2018年8月19日】
長岡市トキと自然の学習館の観覧棟「トキみ〜て」で一般公開されたトキ=18日、長岡市寺泊夏戸

 長岡市寺泊夏戸の市トキと自然の学習館の観覧棟「トキみ〜て」で18日、4羽のトキの一般公開が始まった。佐渡島以外でのトキ公開は、2016年のいしかわ動物園(石川県能美市)に続いて2例目。

 トキは鳥インフルエンザなどへの大量感染を防ぐため07年から佐渡島外での分散飼育を開始。現在は東京、鳥取など4カ所で育てている。旧夏戸小学校跡地に建設した長岡市分散飼育センターは11年から飼育開始。12年には旧校舎を再利用して学習館を開設した。センターでは今春生まれた6羽を含む12羽を飼育。非公開だが、学習館のモニターで観察できる。

 センターに隣接する位置に建てられた観覧棟は木造平屋。公開されたトキは佐渡から移送された8〜14歳のオス4羽で、入館者は西側と南側にあるマジックミラーの大きな窓越しにトキを観察できる。近くで観察できるチャンスは午後1時過ぎ。池に放されたドジョウをつかまえて食べる様子を見られる。

 観察棟の愛称を考案した寺泊学校1年の加勢結さん(12)は「たくさんの人に寺泊のトキを見てほしいという思いで考えた。初めてみたトキはとっても大きかった」。小千谷市から家族ら4人できた小学6年の関野有生くん(11)は「くちばしが長くて、器用にドジョウを捕っていて驚いた。いつか佐渡で飛んでいる姿を見てみたい」。

 開館記念式典で磯田達伸市長は「寺泊は東京から最も近い佐渡の玄関口。将来的には魚のアメ横と並ぶ観光資源になって欲しい」。佐渡市の三浦基裕市長は「トキのファンを増やす施設として期待している。空を飛ぶ美しいトキを見に来て欲しい」と語った。 19日は入館無料。先着500人にトキをデザインした紙風船をプレゼント。基本的に月曜休館だが8月中は30日を除き開館。午前9時〜午後5時で観覧料100円(中学生以下無料)。(伊丹和弘)
https://www.asahi.com/articles/ASL8L3VTJL8LUOHB003.html

トキの姿 間近で観察…長岡【読売新聞2018年8月20日】
ケージの中のトキを観察する来館者ら(長岡市寺泊夏戸で)

 窓越しにトキを間近で観察できる観覧棟「トキみ〜て」が18日、長岡市寺泊夏戸にオープンした。公開施設は佐渡市、石川県能美市に続き3か所目となる。

 公開されるのは、佐渡市の佐渡トキ保護センターから移された8〜14歳のオス4羽。3区画に分かれた飼育ケージの中で餌を食べたり飛んだりする姿を、最短約2メートルの距離で見られる。

 感染症による絶滅を避けるため、トキは石川、島根、東京3都県と長岡市の4施設で分散飼育中だ。観覧棟に隣接する長岡市トキ分散飼育センターでは2011年から飼育し、現在は公開された4羽の他に、3組のペアと今春生まれた6羽の計16羽が飼育されている。

 約70人が出席した記念式典で、同市の磯田達伸市長は「インバウンド誘致に新しいスタートを切った」と期待し、佐渡市の三浦基裕市長は「トキ放鳥10周年を迎え、長岡市と一緒に保全育成に努めたい」と話した。

 開館は午前9時〜午後5時で、原則月曜と年末年始休館。入館料100円で中学生以下無料。19日は無料公開。
https://www.yomiuri.co.jp/local/niigata/news/20180820-OYTNT50320.html

間近で観察 「トキみ〜て」開館 長岡 分散飼育センター【新潟日報モア2018年8月20日】
トキ分散飼育センターの観覧棟「トキみ〜て」で観察する人たち=18日、長岡市寺泊夏戸

 新潟県長岡市寺泊夏戸のトキ分散飼育センターの一般向け観覧棟「トキみ〜て」が18日、開館した。佐渡市以外での一般公開は、石川県能美市のいしかわ動物園に次いで2例目。待ちわびた多くの市民が訪れ、トキの美しさを体感した。

 観覧棟は木造平屋建て、延べ床面積約260平方メートル、事業費約1億3千万円。分散飼育センターのトキ16羽のうち8〜14歳の雄4羽を、最短2メートルの距離で観察できる。

 訪れた人は「ここから餌のドジョウを食べる様子が見える」などとスタッフから説明を受け、止まり木にいるトキをじっくり眺めていた。

 公開に先立つ式典には、磯田達伸・長岡市長、三浦基裕・佐渡市長ら約100人が出席。磯田市長は「全県挙げての観光客誘致に向け、新しいスタートが切れた」と述べた。

 観覧料は高校生以上100円、中学生以下無料。19日は開館記念で無料。

 トキの分散飼育は、鳥インフルエンザなどの感染症による全滅を防ぐため全国4カ所で行われ、長岡市では2011年に始まった。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/toki/habatake/20180818413191.html

http://archive.is/SMA0g
http://archive.is/ECxIx
http://archive.is/XHaZn
http://archive.is/KzMIl
http://archive.is/Q5nFZ
http://archive.is/QU0LZ
http://archive.is/TrxFm

posted by BNJ at 23:02 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: