2018年08月19日

伊豆シャボテン動物公園に新顔 キツネザルなど4種【静岡新聞アットエス2018年19日】(オオサイチョウ/オウギバト)

新たに仲間入りしたクロシロエリマキキツネザル=伊東市富戸の伊豆シャボテン動物公園
 伊東市富戸の伊豆シャボテン動物公園にこのほど、クロシロエリマキキツネザル、白クジャク、オオサイチョウ、オウギバトが新たに仲間入りし、愛くるしい姿が来場者を楽しませている。
 クロシロエリマキキツネザルはマダガスカル島の固有種。襟巻きのような白い模様が特徴で人懐っこい。オウギバトは世界最大のハトで頭にレース状の羽を付けている。オオサイチョウも含め、いずれも繁殖のため到津の森公園(福岡)から搬入された。白クジャクはインドクジャクの変種で全身に真っ白の羽が生えている。園内には通常の模様のインドクジャクが自由に動き回っていて、来園者に白クジャクも合わせて楽しんでもらおうと飼育を始めた。
http://www.at-s.com/news/article/local/east/529540.html

http://archive.is/if6Ud

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: