2018年08月19日

夏休み親子キャンプに50人/福嶺小PTA【宮古毎日新聞2018年8月18日】

東平安名崎をバックに記念撮影した参加者ら=19日、城辺のオーシャンリンクス宮古島

 福嶺小学校PTA健全育成部(久保智将部長)は19日、夏休み親子キャンプ学習を実施した。親子連れら約50人が参加。城辺保良のゴルフ場、オーシャンリンクス宮古島で雄大な景色を見ながら楽しいひとときを過ごした。

 野外活動を通して親子の絆を深めることが目的。ゴルフ場見学のほか、同社が保有するキャンピングカーを利用した宿泊も満喫した。

 久保部長は「親と子で力を合わせ、夏休みの楽しい思い出にしてください」と呼び掛けた。

 PTA会長の新城祐里佳さんは親子5人で参加。「オーシャンリンクス宮古島の地域への貢献には大変お世話になっている。感謝の気持ちでいっぱい」と語った。

 参加者らは数台のカートに分乗し、ゴルフ場を見学。海岸側には14〜15世紀の集落遺跡とみられる保良元島では、ゴルフ場の案内担当者が説明した。

 参加した砂川伊吹君(福嶺小5年)は「ゴルフ場の青々とした芝生を見て、気持ちが良かった。クジャクを50羽ほど見たので感動した」と笑顔だった。

 見学後はキャンピングカー6台を借り、同小学校に移動。キャンプファイヤーや肝試し、昆虫捕獲などを楽しんだ後、キャンピングカーで一泊した。
http://www.miyakomainichi.com/2018/08/111698/

http://archive.is/jOVEk

タグ:クジャク
posted by BNJ at 11:07 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: