2018年08月20日

タンチョウ 釧路行き列車と衝突、1羽死ぬ JR釧網線【毎日新聞2018年8月20日】

 20日午前6時半ごろ、北海道標茶町のJR釧網線茅沼−塘路間で、国の特別天然記念物タンチョウ3羽が線路内に歩いて入り、このうち1羽が摩周発釧路行き普通列車(1両編成)と衝突して死んだ。

 JR北海道釧路支社によると、現場は釧路湿原に隣接した場所。タンチョウが列車の前で急に線路内に来たため、運転士がブレーキをかけたが間に合わなかったという。この事故で列車は約4分遅れた。

 釧網線は釧路湿原の東端を通り、タンチョウの生息域と重なっていることから、毎年数件の衝突事故が発生。同支社によると、今年は3件目という。【野原寛史】
https://mainichi.jp/articles/20180820/k00/00e/040/253000c

http://archive.is/lmcPV

posted by BNJ at 20:24 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: