2018年08月27日

【茨城】とぶ生き物と触れ合える アクアワールドで特別企画【東京新聞2018年8月27日】

フクロウたちと記念撮影する家族連れ=大洗町で

 水族館に普段はいない生き物と触れ合ってもらおうと、大洗町のアクアワールド県大洗水族館が特別企画「とぶ生き物大図鑑」を開いている。九月十七日まで。

 飛行だけでなく、跳躍、滑空といった「とぶ」能力を持つワシやコウモリ、カエル、ヘビ、カブトムシなど三十種類約六十点の生き物を近くで見ることができる。チョウとトビウオの標本や、海面から飛び出すサメのオブジェなども展示している。

 体験イベントもある。毎日、フクロウとの記念撮影があるほか、曜日により、モモンガやウサギと触れ合える。タカと記念撮影したり、飛んできたタカを腕に止まらせる鷹匠(たかじょう)体験もできる。イベントの参加には整理券が必要で、水族館の開館時間に配る。

 栃木県真岡(もおか)市から家族と一緒に訪れ、フクロウと記念撮影をした真岡西小四年の岡龍之介君(9つ)は「鳥の中でフクロウが一番好き。かわいくて、思ったより大きかった」と笑顔だった。 (水谷エリナ)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201808/CK2018082702000142.html

鷹匠体験「怖くない」 県大洗水族館【茨城新聞クロスアイ2018年8月21日】
タカを操る鷹匠(たかじょう)の気分を味わえる「ハリスホークのフライングタイム」が、大洗町磯浜町のアクアワールド県大洗水族館で開かれている。鳥が飛ぶ姿を間近に見てもらうのが狙い。31日までの月、水、木、金曜限定で、小学生以上の10人が参…
https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15347669946275

鷹匠体験「怖くない」 県大洗水族館【茨城新聞クロスアイ2018年8月31日】
ハリスホークを腕に止まらせる児童=大洗町磯浜町のアクアワールド県大洗水族館
タカを操る鷹匠(たかじょう)の気分を味わえる「ハリスホークのフライングタイム」が、大洗町磯浜町のアクアワールド県大洗水族館で開かれている。鳥が飛ぶ姿を間近に見てもらうのが狙い。31日までの月、水、木、金曜限定で、小学生以上の10人が参加できる。

館内で開かれている特別展「とぶ生き物大図鑑」に合わせて企画。子どもから大人までが挑戦した。手にグローブをはめた入館者が「来い」と呼ぶと、ハリスホークは腕めがけてひとっ飛び。止まった状態で記念撮影に応じていた。

家族と一緒に訪れた埼玉県川越市の小学1年、前川陽莉(ひより)さん(6)は「意外と怖くなくて楽しかった。良い思い出になりそう」と笑顔をのぞかせた。

参加には整理券が必要で、先着順に会場で配る。特別展は9月17日までの開催。ワシやフクロウ、ウサギ、カエルといった飛んだり跳ねたりする生き物に親しめる。 (鈴木剛史)
https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15347669946275

http://archive.is/RptXE
http://archive.is/OLcoj
http://archive.is/5xvJ1

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: