2018年08月21日

女の気持ち カラスの絆 愛知県豊明市・渡辺美津子(無職・88歳)【毎日新聞2018年8月21日】

 私の亭主は、幼いころかなりの悪ガキだったらしい。

 ある日、家の近くの森で木登りをしていて、カラスの巣を見つけたという。4個の卵が巣の中にある。しめ、しめ。宝物を手に入れたようにワクワクして、四つともそっとポケットに入れた。

 「母ちゃん、これ」。家に駆け込み、母親に卵を見せた。珍しいね、と喜ぶと思ったのだ。「ばかもん! 卵を取られたと親が悲しんでいるぞ、元へ戻してこいっ」

 巣に向かって小走りで急ぐ彼を大きなカラスが見据え、カーッと大声で威嚇してきた。「ワーッ、助けて。か…
https://mainichi.jp/articles/20180821/ddm/013/070/020000c

http://archive.is/vbPji

タグ:カラス一般
posted by BNJ at 10:31 | Comment(0) | 鳥類コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: