2018年08月21日

【長野・須坂市動物園 飼育員日誌】コールダックの「キング」 餌に釣られ クルクル回る特技【産経ニュース2018年8月21日】

コールダックの「キング」

 コールダックとは世界一小さいアヒルです。現在、須坂市動物園では、14羽が南園で仲良く暮らしています。その中の1羽が「キング」1歳のオスです。

 キングは飼育員に育てられたので、人をあまり怖がらず、名前を呼ぶと「クアッ」と返事をします。白とオレンジという「鏡餅」のような配色で、むちっとしたお胸が一押しポイントです。

 お胸は本当にもちもちしていて、土・日・祝日に開催している南園ガイドツアーでは、このお胸に触ることができちゃいます。

 ちょっとした特技もあるんですよ。手にエサを持って、「クルクル〜」と言うと、その場でクルッと回ります。1度やると、エサをもらえるまで回り続ける「鏡餅」になります。

 これができるのは、キングだけです。足に黄色い目印が着いているので、探してみてくださいね。(コールダック担当 笹島優里華)
https://www.sankei.com/life/news/180821/lif1808210020-n1.html

http://archive.is/kBKeO

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: