2018年08月22日

東京・世田谷の生活工房で展覧会「鳥の巣がおしえてくれること」【産経ニュース2018年8月22日】

カササギの巣

 絵本作家、鈴木まもるさんが集めたさまざまな鳥の巣を紹介する展覧会「鳥の巣がおしえてくれること」が26日まで、東京都世田谷区太子堂のキャロットタワー3階にある生活工房ギャラリーで開かれている。

 鈴木さんは、30年以上にわたり、世界各地の鳥の巣を集め研究し、絵本『世界の鳥の巣の本』(岩崎書店)などの著作がある。

 展覧会では、妊婦のおなかに似たキムネコウヨウジャクの巣、羊の毛をフェルト状にした寒さに強い巣をつくるアフリカツリカズラの巣、高い木の上に枝を集めたカササギの巣の実物や、幅9メートルもある大きな巣を集団でつくるシャカイハタオリの巣の一部と写真パネルなど15点を展示している。

 巣は形、大きさ、材料や作る場所、作り方などは鳥の種類によってさまざまで、どれも新しい命を育むための工夫が詰まっている。

 『世界の鳥の巣の本』の原画も並んでいるほか、22日から24日までは4階で鈴木さんの絵本『せんろはつづく』などの絵本原画約25点も展示する。

 午前9時〜午後8時まで。入場無料。
https://www.sankei.com/life/news/180821/lif1808210024-n1.html

http://archive.is/pdkPb
三軒茶屋で「鳥の巣」コレクション展 世界各地の実物を展示【三軒茶屋経済新聞2018年7月31日】

posted by BNJ at 10:20 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: