2018年09月02日

コウノトリひな3羽の愛称決定 17日に福井・越前市で放鳥【産経WEST2018年9月2日】

ひかりちゃん(福井県提供)

 福井県は越前市白山地区で5月に生まれた国の特別天然記念物、コウノトリの幼鳥3羽(雄1羽、雌2羽)の愛称を発表した。5月7日に誕生した雌は「こころちゃん」、同8日誕生の雄は「りゅうくん」、同10日誕生の雌は「ひかりちゃん」。今月17日に同市坂口地区で放鳥する予定だ。

 愛称募集で1408人から寄せられた愛称候補を選考会で雄20点、雌20点に絞り、県民に雄雌各1点ずつ選んで投票してもらった。2132票(有効票)の投票があった。

 雄は最も投票数が多かった「りゅうくん」、雌は最も多かった「こころちゃん」と2番目に多かった「ひかりちゃん」に決まった。命名の理由は、りゅうくんは「恐竜、九頭竜川、(福井国体のマスコットキャラクター)はぴりゅう」から。こころちゃんは「優しい、穏やか、明るい心。心を大切にしてほしい」など、ひかりちゃんは「コシヒカリ。太陽や星の光。輝き」などから名付けられた。
https://www.sankei.com/west/news/180902/wst1809020020-n1.html

福井)コウノトリ3羽の愛称決定 9月に放鳥へ【朝日新聞デジタル2018年8月31日】
愛称が決まった(左から)こころちゃん、りゅうくん、ひかりちゃん=福井県自然環境課提供

 福井県越前市白山地区で飼育中のコウノトリ「ふっくん」(オス)と「さっちゃん」(メス)の間に生まれた3羽の愛称が、県民投票で決まった。こころちゃん(メス)、ひかりちゃん(メス)、りゅうくん(オス)で、いずれも順調に育ち、9月17日に越前市坂口地区で放鳥される予定だ。

 県自然環境課によると、3羽は5月に誕生。愛称は県民投票で得票数が多かったものが採用された。(山田健悟)
https://www.asahi.com/articles/ASL8R42FKL8RPGJB009.html

コウノトリ3羽 命名【読売新聞2018年8月28日】
長女「こころちゃん」(越前市で)=県提供
長男「りゅうくん」(越前市で)=県提供
次女「ひかりちゃん」(越前市で)=県提供

 ◇越前市で9月17日放鳥

 越前市白山地区で5月に誕生した、国特別天然記念物・コウノトリの幼鳥3羽の名前が「こころちゃん」(第1子、雌)「りゅうくん」(第2子、雄)「ひかりちゃん」(第3子、雌)に決まった。3羽は、9月17日に同市坂口地区で放鳥される。

 3羽は、県が兵庫県立コウノトリの郷さと公園から借り受けて飼育している雄のふっくん、雌のさっちゃんのペアから誕生。福井県が県民から愛称を募集し、1408点の応募から事前審査を通った雄雌各20点で、県民投票を実施。2132票が集まった。

 長女「こころちゃん」には、人々の心に幸せを与えてほしいとの思いが、次女「ひかりちゃん」には、明るい未来を願う気持ちがそれぞれ込められており、長男「りゅうくん」は恐竜、九頭竜川や、福井国体のマスコットキャラクター「はぴりゅう」にちなんで付けられたという。
https://www.yomiuri.co.jp/local/fukui/news/20180828-OYTNT50097.html

コウノトリ 愛称決まる 県、来月放鳥へ /福井【毎日新聞2018年8月24日】
 越前市白山地区で5月に生まれた国特別天然記念物コウノトリの3羽について、県は23日、それぞれの愛称を発表した。雄は「りゅうくん」、雌は「ひかりちゃん」と「こころちゃん」。小中学生らが考えた愛称を雄雌の各20件に絞り、県が人気投票にかけていた。

 兵庫県から借り受けたペアが5月に産んだ3羽。人気投票は…
https://mainichi.jp/articles/20180824/ddl/k18/040/265000c

http://archive.is/1EdJK
http://archive.is/PNxGH
http://archive.is/f1pUs
http://archive.is/tXQ2l

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: