2018年08月25日

105羽のシャモ丸焼き 避難解除の福島・川俣町で祭り【共同通信2018年8月25日】

「川俣シャモまつり」で105羽のシャモの丸焼きに挑戦する人たち=25日午後、福島県川俣町
 東京電力福島第1原発事故による避難指示が昨年3月に解除された福島県川俣町で25日、特産のシャモをPRする恒例のイベント「川俣シャモまつり」が始まり、105羽のシャモを1本の長い串で刺して丸焼きにした。26日まで。

 町は、毎年行われるこの祭りで「世界一長い」と称してシャモの数を増やしており、昨年は104羽の丸焼きに挑戦していた。山形市から参加した中学生佐藤真尋さん(13)は「シャモが焼き上がるまで、うちわであおぐのが大変だった」と話した。

 会場では、シャモを使ったカレーや親子丼などの料理が振る舞われ、家族連れらが舌鼓を打った。
https://this.kiji.is/406020757291828321?c=92619697908483575

http://archive.is/mpodg

タグ:川俣シャモ
posted by BNJ at 21:23 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: