2018年08月27日

愛くるしいシロフクロウのひな4羽誕生!  〜動物園の赤ちゃん2〜【CNA秋田ケーブルテレビ2018年8月24日】

CNA秋田ケーブルテレビ

この夏、秋田市の大森山動物園〜あきぎんオモリンの森〜に、新たに仲間入りした赤ちゃんを紹介します。第2弾はシロフクロウです。

6月上旬から下旬にかけて、二組のつがいから4羽のシロフクロウの赤ちゃんが誕生しました。

シロフクロウは、全長50〜65センチメートル。翼を広げると約140〜165センチメートルになります。
現在のひなの全長は、30センチメートルほど。
くりっとした丸い目と、灰色のふわふわとした羽が特徴です。羽は大人になるにつれて、オスは白色、メスは黒斑点模様に変化していきます。

ひなたちは現在、親鳥や飼育員から、細かくした鶏肉や馬肉などを受け取り、展示場の中で自由に活動しています。

元気に育っているシロフクロウの赤ちゃんたち!!
その愛らしい姿をご覧になってみてはいかがでしょうか?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00010000-cnaakitav-l05

http://archive.is/xTpeg

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: