2018年08月27日

オグロシギなど/渡り鳥飛来相次ぐ【宮古毎日新聞2018年8月27日】

渡りの途中に立ち寄ったオグロシギ=26日、市内

アカガシラサギが今の時期に飛来するのは珍しい

 宮古島に渡り鳥の飛来が相次いでる。26日、オグロシギ(シギ科)幼鳥と冬羽に移行中のアカガシラサギ(サギ科)が確認された。2種とも8月に飛来するのは珍しい。

 オグロシギは、尾羽の黒帯が名前の由来とされる。長く真っ直ぐなくちばしは先端が黒い。幼鳥は顔から胸にかけて黄色味を帯びる褐色。

 北海道の遥か北東に位置するカムチャッカ半島などで繁殖し、東南アジア、アフリカ中部などで越冬する。成鳥は全長約39a。

 一方、アカガシラサギは中国中東部などで繁殖。日本本土では繁殖例がある。
宮古島では長期滞在する。冬は東南アジアなどで過ごす。

 夏季は頭部や胸が赤褐色となり、頭部のその色が名前の由来となっている。

 冬羽に完全に衣替えすると、背中は茶色、胸は茶と黄色の縞模様になる。成鳥は全長45a。

 2種とも渡りの途中に立ち寄る旅鳥。宮古島で翼を休め通過していく。
http://www.miyakomainichi.com/2018/08/111848/

http://archive.is/EyOHj

posted by BNJ at 23:49 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: