2018年08月28日

【長野・須坂市動物園 飼育員日誌】相性よく今シーズンの繁殖期待 ニホンイヌワシの「風輝」(オス)と「小楢」【産経ニュース2018年8月28日】

右から「小楢」と「風輝」

 ニホンイヌワシの「風輝(ふうき)」(オス)と「小楢(こなら)」(メス)のペアです。野生では数が少なくなっていて、国の天然記念物に指定されている貴重な鳥です。

 オスもメスも頭の後ろに黄色い羽が生えており、朝日にあたるとキラキラと輝き、黄金のようです。英名でゴールデンイーグルスと呼ばれる由縁です。

 昔から東日本を中心に、天狗(てんぐ)の使いとしてあがめられてきました。プロ野球・東北楽天の愛称やマスコットに使われているほか、バッジの意匠に用いられるなど、人とのかかわりが強い鳥です。

 風輝と小楢のペアは非常に相性がよさそうです。小楢はまだ若いですが、交尾も確認できました。今シーズンは大いに繁殖の期待が持てそうです。(ニホンイヌワシ担当 羽生田実)
https://www.sankei.com/life/news/180828/lif1808280026-n1.html


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: