2018年08月29日

ドローンでカワウ追い払い 諏訪湖で実証実験【長野日報2018年8月29日】(ヨシゴイ/ササゴイ/他3ソース)

(上)騒音スピーカーをぶら下げて飛ぶドローン (下)湖上を飛ぶドローン(白丸)が近づくと、カワウの群れは一斉に飛び立った

魚食性鳥類の水産資源への影響を抑えようと、県諏訪地域振興局は28日、ドローン(小型無人飛行機)を活用した追い払いの実証実験を諏訪湖で実施した。下諏訪町の防波堤沖、砥川沖の2カ所で、降り立っていた群れに向けてドローンを飛行させると、カワウは一斉に飛び立ち、効果が見られた。冬には渡り鳥の魚食性鳥類カワアイサを対象にした追い払い実験を行う。

諏訪湖のワカサギをはじめとする水産資源は毎年、魚食性鳥類の食害の被害を受けており、諏訪湖漁業協同組合などは2007年から船を出して追い払いを行っている。同局農政課によると、近年は鳥の慣れもあって効果は低下しているといい、新たな手法を検討してきた。ドローンに一定の効果があれば、追い払いの省力化にもつながる。実験を通じ、効果的な追い払い方法の確立を目指す。諏訪湖漁協とドローン関連事業を手掛けるスカイシープロジェクト(諏訪市高島)が協力した。

この日の実験では、破裂音などが出る騒音スピーカーをぶら下げたドローンを使用した。砥川沖では30羽ほどのカワウがおり、船から飛ばしたドローンは上空約10メートルの高さに上昇して近づいた。高度を徐々に約5メートルにまで下げると、群れは一斉に飛び立った。防波堤沖では騒音を出さずに近づけたが、騒音がある場合とほぼ同様に追い払いに成功した。

実験には同局、同漁協の他、日本野鳥の会諏訪支部、県水産試験場諏訪支場、県環境保全研究所が参加した。同局の飯森恵美子農政課長は「ドローンの効果は想像していた以上にあった」と手応えを感じた様子だった。

漁協の武居薫組合長は「ドローンは飛行時間が短い。そのあたりも含め、船による追い払いに変わる手段になるかはもう少し様子を見たい」と関心を寄せつつも、「人による追い払いは今後も必要だろう」と見通した。

野鳥の会同支部の林正敏支部長は「水産や観光への影響は理解するが、一方で音が県の絶滅危惧種の鳥類ヨシゴイ、ササゴイの営巣、子育てへの影響など、対象となる鳥以外にどう波及していくかも考える必要がある」と慎重な見方を示した。
http://www.nagano-np.co.jp/articles/37699

ドローン 逃げるカワウ 捕食対策「想像以上の効果」【信濃毎日新聞2018年8月29日】
接近するドローン(左上)から逃げるカワウの群れ=下諏訪町の諏訪湖岸
 県諏訪地域振興局などは28日、諏訪湖のコイやフナなどを捕食する水鳥カワウを小型無人機ドローンで追い払う実験を初めて行った。カワウの数が増え、漁業への影響拡大が懸念されていることに対応した。ドローンが近づくだけでカワウは逃げ、同振興局は効果を確認することができたとしている。

 実験には、諏訪湖漁協(諏訪市)などからも含め約10人が参加。NPO法人諏訪広域ドローン協力会(同)の会員が協力し、船の上でドローンを操作した。下諏訪町の赤砂崎公園近くの湖岸で羽を休めるカワウにドローンを近づけたり、つるしたスピーカーから爆発音を発したり。カワウはどちらも驚いて飛び去った。

 同振興局農政課の飯森恵美子課長は「想像以上に効果があった」と説明。今冬はワカサギを捕食する冬鳥カワアイサの追い払いも予定しており、この日の結果を検証してドローンをどう近づけると効果が高いかなどを検討する方針を示した。

 一方、この日は飛行時間20〜30分のドローンでは追い払える時間が限られることも課題として浮かんだ。同漁協の武居薫組合長は「ドローンは追い払いの一つの方法だが、いろいろな方法を試したい」と話していた。
https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20180829/KT180828GJI090006000.php

長野 ワカサギ守れドローン 諏訪湖で鳥追い払い実験【中日新聞2018年8月29日】
ドローン(左上)の接近で羽を広げて飛び立つカワウ=下諏訪町の諏訪湖で

 県諏訪地域振興局は二十八日、諏訪湖で小型無人機ドローンを使って魚食性の鳥類を追い払う実証実験を行った。諏訪湖ではワカサギを狙う渡り鳥カワアイサによる食害が深刻化しており、冬になると漁協の組合員が舟を出して追い払いを繰り返しているのが現状。まずは、通年飛来して主にコイやフナを捕食する水鳥カワウで効果を試した。

 県や漁協関係者によると、カワウは近年数が増えており、昨年十月と今年一月の調査では百羽ほどが確認された。湖流入河川の上川に生息域があるという。

 実証実験には、NPO法人諏訪広域ドローン協力会のメンバーが参加し、群れを確認した下諏訪町沖の二カ所で実施。カワウが飛び立つまでの接近距離や逃げる方向、再び着水するまでの時間、ドローンに装着したスピーカーからの音への反応などを調べた。

 二十数羽が集まっていた砥川河口では、舟の上からドローンを操縦して実験を開始。上空十メートル付近を飛行していたドローンが高度を下げながら群れに急接近すると、驚いたカワウは低空で一斉に飛び立ち、分散して逃げていった。

実証実験に使用したスピーカーをつるしたドローン=下諏訪町の諏訪湖で

 県は十二月にもカワアイサの追い払いを行う予定で、実験で測定したデータを精査してドローンの有効性を検討する。県諏訪地域振興局農政課の飯森恵美子課長は、この日の実験を終え「想像した以上に効果はあったと認識している」と話した。

 実験に参加した諏訪湖漁協の武居薫組合長は「実用化に向け課題はまだまだあるが、人間に代わってカワアイサを追い払う一つの手段になれば」と期待。一方、日本野鳥の会諏訪支部の林正敏支部長は「湖周辺で繁殖する希少な野鳥への影響も同時に検証していく必要がある」と指摘した。

 (中沢稔之)
http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20180829/CK2018082902000015.html

大量繁殖の鳥VS“爆音”ドローン 国内で初実験【テレ朝NEWS2018年8月28日】
 それは、大量に繁殖した迷惑な鳥と人間が作ったハイテクな鳥との闘いだ。国内では珍しい試みが始まった。

 長野県の諏訪湖に飛来した黒い集団。正体はカワウだ。体長は約80センチ。群れを成して魚を食い荒らす。この水辺のギャングに地元の漁師は頭を抱えていた。諏訪湖周辺に現れるカワウは例年、20羽程度だったが、今年は60羽と3倍に膨れ上がっている。今後、爆発的に増えることも懸念されるため、長野県は28日に漁協などと協力して新しいカワウ撃退実験に乗り出した。その秘密兵器となるのが、小型無人機「ドローン」だ。ただのドローンではないという。ドローンに搭載したスピーカーからはマシンガンのようなけたたましい破裂音が響く。カワウは山で聞いたハンターの銃声を覚えていて、それを聞くと恐怖に陥り、逃げ出すというのだ。午前9時半。ドローンを使ったカワウの一掃作戦が始まった。ドローンの操作は湖の船から行う。スピーカーからカワウが嫌がる爆音を鳴らしながら接近し、湖から完全に追い払おうという作戦だ。すると、前方に羽を休めるカワウの群れを発見。爆音の効果は抜群。どんどんとカワウを湖から追いやっていく。このまま作戦は順調に進むかと思いきや、思わぬトラブルが発生。突然、ドローンが船に引き返したのだ。原因は空から降り出した雨。ドローンは水に弱く、作戦は中止を余儀なくされることとなったのだ。苦手な爆音がやんで安心したのか結局、カワウは元いた場所に戻ってきてしまった。追い払っても戻ってくるカワウ。果たして、人とカワウの闘いに終わりはくるのだろうか。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000134989.html

http://archive.is/nzpyp
http://archive.is/C4QVb
https://megalodon.jp/2018-0829-1042-22/www.chunichi.co.jp/article/nagano/20180829/CK2018082902000015.html
http://archive.is/tptIx
ドローンでカワウ撃退 諏訪湖で初の実験へ【信濃毎日新聞2018年8月22日】

posted by BNJ at 10:44 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: