2018年09月04日

農芸高 育てた命、おいしく生かす ブランド鴨でパン新商品 生野の会社とコラボ 試作重ね生徒が実習販売も /大阪【毎日新聞2018年9月4日】

 府立農芸高(堺市美原区)が自然飼育でブランド化した「白農芸鴨(がも)」を使い、パン製造販売会社「ダイヤ」(大阪市生野区)が新商品「農芸鴨と大阪ねぎのソフトフランス」を生み出した。大阪市内の4店舗で限定販売している。「愛情を込めて育てた生き物を食べることは、『命の生かし方』を考える哲学と同じ」との考えに同社幹部が共感し、コラボレーションが実現した。【西村哲治】

 同校では資源動物科総合環境部の生徒28人が、改良種系の白農芸鴨と原種マガモ系の黒農芸鴨の2種類のブ…
https://mainichi.jp/articles/20180904/ddl/k27/100/415000c

http://archive.is/eeoXO

タグ:白農芸鴨
posted by BNJ at 23:01 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: