2018年09月05日

宮城)ペンギンたちが秋の運動会「個性豊かな姿を見て」【朝日新聞デジタル2018年9月5日】

つり下げられたアジをくわえるペンギンたち=仙台市宮城野区

 仙台うみの杜水族館で始まったペンギンの運動会が好評だ。水槽の前に用意された平均台や縄跳び、パン食い競走ならぬアジ食い競走でのコミカルな姿が来館者を楽しませている。

 4日の出場者はフンボルトペンギンのそよ、サボ、ケープペンギンのなつの3羽。一列に並んでスタートを切ると、やんちゃなサボは、競技そっちのけで観客の方へ一直線。飼育員から「退場」を命じられ、観客の笑いを誘った。食いしん坊のなつは大好物のアジを三つほおばると、満足したのか立ち止まった。結局、終始マイペースで歩き続けたそよがゴールテープを切った。

 母親と柴田町からやってきた松田瑞希ちゃん(2)は大好きなペンギンを間近に見られて大満足の様子。「かわいかった」とにっこり。飼育員の加藤槙子さん(24)は「個性豊かなペンギンたちの姿を応援していただけたら」と話す。

 運動会は午後1時20分の開催で、15日以降は午後2時から。11月4日までの予定で、出場するペンギンは日替わりだ。(窪小谷菜月)
https://www.asahi.com/articles/ASL9451V9L94UNHB00M.html

http://archive.is/bl4y2

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: