2018年09月08日

(462)この子たちがいい子たちだった クルマサカオウム 【共同通信2018年9月8日】

お客さんが指を近づけると、ついばむようにくちばしを開いた

 翼と頭は白く、胸から顔にかけてはうすいピンク色。額のあたりは赤に近い。お客さんが指をガラスに近づけると、くちばしを合わせるようなしぐさをする。顔がやさしくて笑っているみたいだ。
 神戸市の神戸どうぶつ王国にいるクルマサカオウム。南半球のオーストラリアにいる鳥だ。
 担当の石坂未樹(みき)さんが「世界一美しい鳥と言われています」と説明してくれる。たしかにきれいだけど世界一ですか?
 「クルマサカというのは車のようなトサカという意味で、頭の羽を広げると車輪に赤いもようが入っているように見えて美しいんです」
 ここにはオス、メス1羽ずつ。「ペアになるのがむずかしくて、うまくいかないと攻撃し合ったりするんですが、うちの2羽は仲がいい。おたがいに羽づくろいもします」
 仲がいいので、石坂さんはひなの誕生に期待している。そのためにはまず健康でなくちゃならない。「定期的に体重測定もしています」
 どうやってはかるんですか? 「まず手にのせて、手から止まり木がついた体重計にうつします」
 手にのるまでは大変なんじゃないんですか? 「ここに来て1、2週間ぐらいでできました」
 石坂さんの経験や工夫が生きたんですね? 「いえいえ、この子たちがいい子だったんです」(文・写真、佐々木央)=2017年4月配信
https://www.47news.jp/culture/education/ikimono/2747689.html

http://archive.is/rxaKs

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: