2018年09月11日

いばらき魅力見つけ隊 日立・ウミウ捕獲場 国内唯一、伝統漁「鵜飼」に供給 /茨城【毎日新聞2018年9月11日】

 岐阜県の長良川や京都府の宇治川、愛媛県の肱川などで継承される伝統漁「鵜飼(うかい)」に使うウミウを供給している国内唯一の捕獲場が日立市十王町伊師にある。オフシーズンの1〜3月と7〜9月に無料公開されていると聞き、訪れた。

 捕獲場は、全国の公営国民宿舎で宿泊利用率29年連続1位を誇る「鵜の岬」から海辺の遊歩道を歩いてすぐの場所にある。2005年7月から、より多くの人に知ってもらおうと、工事用に掘ったトンネルを利用してオフシーズンに無料公開も始めた。岩場に掘られた約90メートルのトンネルをくぐると、岸壁の上に建つ小屋の中に出る。

 小屋は木の骨組みをヨシズやムシロで覆ったもので、幅約3メートル・長さ約10メートル。高さはかがんで…
https://mainichi.jp/articles/20180911/ddl/k08/040/285000c

http://archive.is/sQ2kP

茨城)全国初、鵜捕り場を再現へ かみね動物園【朝日新聞デジタル2017年9月16日】
日立・伊師浜海岸 3月末まで ウミウ捕獲場公開 ウ飼い文化知って【茨城新聞2016年1月15日】

posted by BNJ at 22:31 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: