2018年09月12日

風力発電、景観や自然に影響 「考える会」が県へ中止要望【秋田魁新報2018年9月12日】

 風力発電国内最大手のユーラスエナジーホールディングス(東京)が、秋田県由利本荘市赤田の笹森山周辺で建設を計画している風力発電所について、「由利本荘・にかほ市の風力発電を考える会」(佐々木憲雄代表)は11日、事業の中止を求める要望書を県と由利本荘、にかほ両市に提出した。

 要望書は中止を求める理由として▽赤田五峰山などの景観への影響が大きい▽森林などの自然環境への影響が大きい▽事業実施区域の直下には断層があり地滑りしやすい―など9項目を挙げている。

(全文 426 文字 / 残り 201 文字)
https://www.sakigake.jp/news/article/20180912AK0002/

http://archive.is/gHtal

秋田)県内最大級の風力発電計画 野鳥愛好家が反対【朝日新聞デジタル2018年8月10日】
住民の反対強く 鳥海山麓風力発電事業の見送り決定【秋田魁新報2018年4月6日】
鳥海山麓に風車計画、住民が質問状 景観、環境のへ影響懸念【秋田魁新報2018年2月23日】

posted by BNJ at 10:47 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: